宗派辞典・位牌のQ&A

宗派辞典カテゴリーの一覧


[ 仏壇・仏具・神具 ] お仏檀の仏具について

2012.04.20

仏具について
 
仏檀の中に用いる仏具は、ご本尊に献上する、お香と燈明と生花の三つを供える為の「三具足」が基本です。中央に①香炉を置き、右に②燭台(ローソク立て)、左に③花立を置きます。
 
鎌倉時代に宋時代の禅宗文化が伝わり、仏具を左右対称に飾る「五具足」を用いるようになりました。
 *中央に香炉を置き、左右対称に燭台と花立てを置きます。
 
① 香炉        清らかな香りが、仏さまの慈悲の広がりを意味します。
 ② 燭台(ローソク立て) 煩悩の闇を照らす、仏さまの知恵と功徳を象徴します。
 ③ 花立て       仏の世界を表し、花により人の心が清められます。
 
その他の仏具は、
 ④ 鈴(りん)      ご先祖様を呼び出す為に必要です。
 ⑤ 仏飯器       感謝の心でご飯を供えます。
 ⑥ 茶湯器       お水やお茶を供えます。
 ⑦ 線香差       お線香を立てて置きます。
 ⑧ 高月        果物やお菓子などを供えます。
 ⑨ マッチ消し     火を灯した後のマッチを入れます。 
 ⑩ 吊灯篭       お仏壇の中を照らします。
 
お仏壇が小型の場合は、「三具足」を基本に必要な仏具を揃えれば良いです。
 
小型仏檀の仏具
 ①香炉、②燭台(ローソク立て)、③花立て、④りん、⑤仏飯器、⑥茶湯器、⑦線香差、
 ⑧高月、⑨マッチ消し
 
★ 寺院ではなく一般の家では、お線香の香炉を用いることが一般的です。
 

PAGE TOP