宗派辞典・位牌のQ&A

宗派辞典カテゴリーの一覧


[ 仏壇・仏具・神具 ] お仏壇はどこに安置したら良いですか?

2012.04.20

お仏壇の安置場所ついては、古くからの言い伝えでは、次の三つの考え方が有ります。
 
1.南面北座説 仏壇の正面が南を向くようにして北に安置する。
         この位置は、仏壇に直射日光が当たらず、南側からの風通しも良く、
         湿気を防ぐ事ができるので、仏壇の保存の条件として最適です。
         「仏壇の北向は良くない」というのは、この裏返しの考え方です。
 
2.本山中心説 仏壇の前で合掌したとき、拝む方向の延長線上に、
         自分の宗派の本山があるように安置する。
         したがって、宗派の本山が京都にあるとすると、関東に住む人と
         九州に住む人とでは仏壇の向きが逆になります。
 
3.西方浄土説 仏壇を東向きに安置する。仏壇を拝むたびに、そのまま西方の
         極楽浄土も礼拝できる。
 
この三つの考え方を照らし合わせると、それぞれの安置の方向がバラバラになります。
 ということは、仏壇を安置する場所はあまりこだわらなくても良いと思います。
 家族の皆からあまり離れず、静かに落ち着いて礼拝できる場所ならどこでも良いと言う事です。
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 
仏壇の置く場所は、南又は、東向きにといわれていますが、なぜなのでしょうか?
 また、北又は西向きでは、どうしても いけないのでしょうか?
 

東や南に壁があり、北や西に窓がある場合、暗い壁に向けるより明るい窓の方が気持ち良いですね(^。^)
 
私たちも暗い部屋やじめじめの部屋は、イヤですよね! 
 お仏壇も人間と同じく気持ちの良い部屋に置いて下さい。
 
あまり方向を気にしない事です。家族を見守ってくれるお仏壇です。
 扉を閉めず家族皆が良く 見える所が良いと思います。
 
*神棚と仏壇は向かい合わせにはダメです。(拝礼する時、片方におしりを向けてしまうから)
 


PAGE TOP